沖縄エステ

Okinawan Beauty > 沖縄人(うちなーんちゅ)のキレイの秘密

沖縄人(うちなーんちゅ)のキレイの秘密

ゴーヤーの効果

独特の苦味を持つ沖縄料理の食材として有名なゴーヤー。本州などでは「ニガウリ」とも呼ばれています。

ゴーヤ100g中には、ビタミンCがレモンの2~3倍、キャベツの約4倍に相当する120mgの含まれています。

また、しわやシミに有効なレチノールも含まれています。

美白効果やアンチエイジング効果、皮膚を紫外線から守ってくれる効果もあるのです。

 

高血圧、高血糖、高コレステロールなどが防止されて、生活習慣病予防にも役立ちます。

疲労回復や夏バテにはもってこいの食材でもあり、様々な生活習慣病の予防も期待できます。

また、目の疲れや加齢性白内障の進行抑制にも効果があるそうです。

さらに、緑黄色野菜なのでカロチンも豊富。まさにビタミンの宝庫です。

 

ゴーヤーの種には共役リノレン酸がたっぷり入っており、体内に入ると共役リノール酸に変化します。

共役リノール酸が脂肪燃焼を促すため、ダイエット効果があるとされています。

 

クチャの効果

クチャとは沖縄でしか取れない泥岩です。

琉球王朝時代から、沖縄の女性たちはクチャを乾燥させて髪洗い粉として使用したり、そのまま顔に塗り泥パックにしていたそうです。

沖縄の女性の髪洗粉として親しまれていたクチャ以前は銭湯などでもよく見かけました。

昔の写真で見ると、沖縄女性の髪が見事なほどに真っ黒で艶々していたのはそのせいかもしれません。

地元情報によりますと、クチャそのものは那覇市の公設市場あたりで今も売られており、愛用しているオバァたちも多いそうです。

 

クチャの成分が雲母、スメクタイト・クロライト・カオリナイトの100ミクロン以下の微粒子から成り、この微細な粒子が強い化学的吸着性を持っていることに関係しているようです。

これだけの微粒子を持つ泥岩は、日本では沖縄以外には無いそうです。

長い年月をかけて海底に堆積したことで海洋生物の影響を受け、通常の粘土鉱物より、珪酸、酸化アルミニウムなどのミネラルを豊富に含んでおり、栄養効果もあるそうです。

 

クチャの持つ美容効果が科学的に証明されたことを受けて、新商品も生まれました。

いまや沖縄のエステサロンで使われているだけでなく全国の美容業界からも注目されています。

 

サンニン(月桃)の効果

月桃とは、沖縄などの亜熱帯気候の地域に自生するショウガ科の多年草です。

花のつぼみが桃のような形をしている事から「月桃」と名づけられました。

沖縄の呼び名で、サンニンと言うのですが、健康食品、石鹸、化粧水に使われるなど、とてもよい香りがします。

また、サンニンの葉のエキスには、肌の弾力を保つコラーゲンの合成を促進する作用もあり、美容液や化粧水などの化粧品にも配合されています。

 

月桃の葉や茎、根茎には防虫、防菌、防カビの効果があります。この防カビ効果が、皮膚カビも除去してくれます。

種子には、咳止めの効果や整腸作用があると言われ、古来から漢方薬として利用されているようです。

最近、月桃にはポリフェノールが赤ワインの約30倍も含まれている事がわかり、美容や健康への活用に研究/開発がすすめられてます。

また、月桃は二酸化炭素を多く吸収する植物で地球環境にもよいエコロジーな植物としても注目を浴びてます。

 

月桃には、にきびを防ぐ強力な抗菌作用・シミ・シワを改善する新陳代謝の向上作用、抗酸化作用、若返りの効果的な成分などが報告されているようです。また、コラゲナーゼ抑制作用があることがわかってきたようです。

このことから、シミ、くすみを消す美白効果、アレルギー肌、小じわや、たるみなどに張りと潤いを作る効果を期待し、色々な化粧品などでも使われているようです。

 

ハイビスカスの効果

真っ赤な色は血行をよくし、体を温め、活力を与えてくれます。

ビタミンC、ポリフェノール、アントシアニン、リンゴ酸などが豊富な美容に良いとされています。

またエキスを抽出し、つくられたハイビスカスティーはクレオパトラも好んで飲んでいたそうです。

むくみ解消、美肌効果、ダイエット、疲労回復、食欲不振、のどの痛み、風邪の初期症状、それからコレステロールを下げるのにも効果的と言われています。

 

沖縄ではアカバナーの名で親しまれ、民間薬として昔から用いられています。 

ガン、脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化、高脂血症、赤痢等細菌性疾病、その他諸病の予防等、現代健康医学がその驚異的効果を解明しました。

 

ハイビスカスオイルは頭皮のマッサージにもぴったりです。

髪もサラサラ、ツヤツヤになります。さらにハイビスカスオイルはストレスにも効果抜群だと言われています。

 

シークヮーサーの効果

シークワーサーは、太陽の恵みを受けて収穫されるので、美肌つくりには欠かせないビタミンを多く含んでいるのです。

シークヮーサーの栄養価は非常に高く、ビタミンC、ビタミンB1、クエン酸、ノビレチンなどを多く含んでおり、美容に良いとされています。

 

また、ノビレチンやタンゲレチンには、血糖値の上昇を抑えたり、血圧降下作用があることが分かりました。

血糖値が下がることによって、血液がサラサラになり、様々な成人病の予防・治療に効果があると、農業技術研究機構果樹研究所から発表されています。

シークワサーに含まれるノビレチレンは、オレンジの7倍、グレープフルーツの12倍の量が含まれています。

果実は丸い緑色で味はとても酸味が多く糖分は少量、そのままではちょっと食べられません。

沖縄ではレモンの代わりに果汁を飲み物や料理、醤油に加えるなどして使用しているようです。

 

また、ガン予防の効果があることで大きな話題になっています。

シークワーサーは長寿県沖縄の健康を維持する重要な食物なのです。

 

もろみ酢の効果

もろみ酢とは、沖縄の特産品である「泡盛」や焼酎のもろみからできた天然醸造酢です。

成分に疲労回復作用や抗酸化作用などがあるといわれるクエン酸、オリンピック等の選手が疲労回復のために利用しているそうです。

 

もろみ酢の効果効能の特徴は、脂肪燃焼効果があると言われるアミノ酸を豊富に含んでいることです。

疲れのもとの乳酸やビルビン酸の生成を抑える疲労回復の働きがあります。

また、血液もサラサラになり、肝臓の働きを正常にするといわれています。

さらに糖質・タンパク質・脂質全ての代謝が活発になるため美肌効果が期待できるようです。

ウォーキングなどの運動前後にもろみ酢を飲むと、脂肪燃焼を効率よくさせ、ダイエットにも効果的です。

 

それだけではありません。

血液を弱アルカリ性に保つ働きで血液はさらさらになり、血のめぐりがよくなることで肩こりや腰痛を防止します。

人間に必要な栄養素がいっぱいのもろみ酢は、琉球王朝時代から脈々と受け継がれる、沖縄の健康長寿の源なのです。

 

 

エステって何?沖縄のエステサロンを探すエステって何?

沖縄エステ